20200116_231535000_iOS



カレンシーインデックスを確認し、通貨ペアを決めた後、HighLowで15分ベットします。

ペイアウト率:1.88倍
エントリー:50000円;
ハイローの使い方⇒https://highlow.work
検証動画チャンネル⇒https://goo.gl/kyYJiC





米雇用統計など重要指標、3月から報道の手順変更

米労働省は重要な経済統計の発表に際して、コンピューターを含むあらゆる電子機器を記者作業室に持ち込むことをメディアに禁止すると発表した。平等な報道環境を整備することが狙いだという。

  米労働省では現在、記者が指定された部屋で30-60分前に統計を受け取り、インターネットに接続していないコンピューターで記事を執筆し、統計の解禁時間にネットとの接続が回復され、記事を送信している。この仕組みは「ロックアップ」と呼ばれている。

  労働統計局のウィリアム・ビーチ局長が16日付の書簡で発表した。

  ロックアップ自体は継続され、記者はその間当局者に質問をすることが許される。統計の発表はこれまで通り、労働省のウェブサイトとツイッターに掲載される。解禁時間になれば、記者は作業室から退室して記事を書くことができる。ビーチ局長によれば、変更は3月1日をもって発効する。