【米国株・国債・商品】株が小高い、米中の部分合意で楽観優勢
2019年12月14日 7:17 JST Bloomberg

13日の米株式相場は小幅高。米中両国が合意した貿易交渉第1段階の詳細を見極めにようとして午前中は荒い値動きとなった。S&P500種株価指数とナスダック総合指数は結局、小幅な上げながら終値ベースの最高値を更新した。米国債は大幅反発。

米国株は小幅高、米中合意の詳細見極めで荒い値動き
米国債は大幅反発、10年債利回りは1.82%に低下
NY原油は続伸、60ドル台-サウジ石油施設攻撃以来の高水準
NY金先物は反発、米中合意でも不透明感残る-週間でも上昇
  この日は中国側が米国との合意を発表したが、両国とも投資家に安心感を与えるような詳細を明らかにしなかった。合意文書の内容はまだ精査が続いているとし、農産物購入については後日詳細を発表すると中国の当局者は語った。

  S&P500種株価指数は前日比0.1%未満高い3168.80。ダウ工業株30種平均は3.33ドル(0.1%未満)高の28135.38ドル。ナスダック総合指数は0.2%上昇。ニューヨーク時間午後4時43分現在、米10年債利回りは7ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.82%。


USDJPY


ハイローの使い方⇒https://highlow.work
他の検証動画⇒https://goo.gl/kyYJiC