通貨の強弱CurrencyStrengthChartで、直近のグラフの傾きを考慮し、通貨ペアを決定します。
極端に上下しているような通貨は避けた方が無難です。
その中でも、乖離幅が大きいものを選びます。


20191107_002537000_iOS

ベット:50,000円
ペイアウト:1.88(94,000円)

ハイローの使い方⇒https://highlow.work
他の検証動画⇒https://goo.gl/kyYJiC




外為:ドル108.50─109.30円の見通し、円底堅い展開か


[東京 7日 ロイター] -

<07:58> ドル108.50─109.30円の見通し、円底堅い展開か

きょうの予想レンジはドル/円が108.50―109.30円、ユーロ/ドルが1.1020─1.1100ドル、ユーロ/円が120.00―120.80円付近。

海外市場では円が上昇。米中の「第1段階」の通商合意の署名が12月にずれ込む可能性があると、米政府高官がロイターに明らかにしたことが手掛かり。リスクオフムードの下で、ドルは一時108.81円まで売られた。

「合意に向けた方向性が崩れたわけではない」(トレーダー)との見方から、海外終盤にかけて109円台へ緩やかに切り返したが、米中協議に一喜一憂する展開に変わりはなく、警戒ムードの下では円が底堅くなりやすいとの指摘が出ている。