20191101_063439000_iOS

まずは、やはり、通貨の強弱CurrencyStrengthChartで、直近のグラフの傾きを考慮し、通貨ペアを決定します。
今回は、AUD(豪ドル)が動いているので、AUDを軸に、EUR、USD、JPYとの組みあわせがターゲット。
ハイローのチャートを見ると、小刻みに上下動があるので、締切のタイミングで反発することも考え、
1回のエントリー額を1万円にし、複数回、段階的にベットします。
これで、最終的に6割以上の勝率を目指します。これがリスクヘッジとなるのです。

ハイローの使い方⇒https://highlow.work
他の検証動画⇒https://goo.gl/kyYJiC




【今日の国内市況】
ドル・円は小幅安、米中協議懸念や米指標警戒で一時3週間ぶり安値

東京外国為替市場のドル・円相場は小幅安。
中国から米中通商協議に対する慎重な見方が示されたほか、シカゴ製造業景況指数悪化を受けて今晩の米雇用統計や供給管理協会(ISM)製造業景況指数への警戒感が高まり、午前の取引では一時3週間ぶりの安値を付ける場面もあった。