通貨の強弱CurrencyStrengthChartで、直近のグラフの傾きを考慮し、
MT4のボリンジャーバンド、15分足と5分足をチェックし、HighLowで15分ベットします。


ベット:100,000円
ペイアウト:2.00(200,000円)

ハイローオーストラリアの使い方⇒https://highlow.work
その他の検証動画⇒https://goo.gl/kyYJiC



 

20190927_000325000_iOS


[東京 27日 ロイター] -

<09:11> ユーロ2年4カ月ぶり安値圏、売り材料相次ぐ

ユーロは1.09ドル前半。海外市場でつけた2年4カ月ぶり安値から小幅に切り返したが、反発力は乏しく上値の重い展開だ。

欧州中央銀行(ECB)が今月12日に利下げや量的緩和(QE)再開など、包括的な金融緩和を決定して以来、ユーロは上値の重さが目立っている。最近では、積極緩和に批判的だったラウテンシュレーガー専務理事が任期切れを待たずに突然辞任したことで、中銀内の足並みの乱れも懸念材料として浮上してきた。

英国の欧州連合(EU)離脱が不透明感を増してきたことも重し。短期筋の持ち高は既にユーロ売りへ傾いているが「売られやすい展開が続きそう」(証券)という。

対円相場は117円半ば。底堅いドル/円が下支えとなって下げは限られているが、少しずつ上値を切り下げている。