マタフで、JPYが売られ、AUDが買われていました。
豪ドル円は円高に振れると判断。
しかし、ボリンジャーバンドのー2σ付近に到達しており、バンドウォークするか反発するか、悩みどころです。
通貨の強弱で見ると、豪ドルはまだマイナス圏にあるので、トレンドが強い、つまり、バンドウォークするとの判断です。

結果は、3勝2敗。+32,000円にしかなりませんでしたが、勝率60%でギリギリの勝利です。
ハイローオーストラリアはトータルの勝率が60%以上であれば、資金が減ることはない、という証明でもあります。(/ω\)

通貨ペア: AUDJPY
ベット:50,000円
ペイアウト:1.88(94,000円)

ハイローオーストラリアの使い方⇒https://highlow.work
その他の検証動画⇒https://goo.gl/kyYJiC




〔マーケットアイ〕外為:ドル107円台へ下落、1週間ぶり安値

[東京 11日 ロイター] -

<11:20> ドル107円台へ下落、1週間ぶり安値 米が仏新税を問題視

ドルが下げ幅を広げ、一時107.98円まで下落。5日以来1週間ぶりに108円台を割り込んだ。市場では月末の米利下げ幅が0.5%となる可能性を指摘する声に加え、トランプ米政権がフランスのデジタル課税を問題視していると表明したことも、話題となっている。

トランプ大統領は10日、仏政府が導入する「デジタル課税」が米企業を標的にしているとして調査を指示した。不当と認定した場合、関税や他の通商制限を導入する可能性がある。

通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は「米国は、仏上院で承認が見込まれるデジタル・サービス税が、不当に米企業をターゲットにしていることを非常に懸念している」との声明を発表した。

調査は米通商法301条に基づき、最長で1年かけて行うとしている。

reut-000-2-view