通貨の強弱マタフ(Currency Strength Index)を確認すると、円が弱く、ユーロ、米ドルが強めとなっています。
しかし、MT4のチャートでは、円安トレンドが落ち着いて、円高に振れそうな感じ。
そこで、円高方向へ。

ベット:50,000円
ペイアウト:1.88(94,000円)


ハイローオーストラリアの使い方、⇒http://qq1q.biz/Obkt
その他の検証動画⇒https://goo.gl/kyYJiC


2019-03-27 09.01.4301




〔マーケットアイ〕外為:正午のドルは110円半ば、NZドルが急落

[東京 27日 ロイター] -

<12:20> 正午のドルは110円半ば、NZドルが急落

正午のドルは前日NY市場終盤の水準とほぼ変わらずの110円半ば。実質的な年度内最終売買日にあたるきょうは、実需などの売買が交錯。方向感に乏しい展開が続き、朝方からの値幅は上下27銭にとどまった。

午前の取引で目立ったのはNZドル。中銀が声明で「世界経済見通しの弱まりと国内支出の失速を踏まえると、次のOCR(政策金利オフィシャルキャッシュレート)の方向性は、下向きの可能性が高い」と表明した。

発表を受けてNZドルは急落。対ドルで0.69ドル前半から0.67ドル後半へ100ポイント超、対円でも75円前半へ1円超下落し、ともに2週間半ぶり安値を更新した。

市場では「予想外のハト派ぶりに驚いた。経済状況は前月から大きく変わっていないが、他の主要中銀がスタンスをハト派的に変えてきたことが影響しているのではないか」(外銀)との声が出ていた。

<10:22> NZドル急落、75円前半へ1円超 中銀が利下げ示唆

NZドルが急落。対円で76円半ばから75円前半まで1円超、一気に売られた。中銀は声明で「次の金利調整は利下げ方向となる可能性が高まった」などと指摘した。ドルは110.53円付近で影響はみられない。

<09:24> ドル110.45円付近、出足は売買交錯

ドルは110.50円付近で売買が交錯。日経平均は前日比マイナス圏で取引が始まったが、円相場に大きな反応はない。180円程度とみられる3月期末の配当落ち分を埋め、上昇へ転じるかが注目点となる。